スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀しいクリスマス

ここでの最後のクリスマスになるかもしれない、と聞かされたのは、
クリスマスマーケットが終わる前日のことだった。
覚悟はしていたものの、その衝撃は大きすぎて、未だ少しばかり動揺している。
当たり前に見ていたこの景色を、もうすぐ見られなくなると思うと、つい気分が塞いでしまう。
ホットワイン片手に皆が語らう様子もこれで見納めなのか。そう思うと、
いてもたってもいられなくなって、街へとび出した。
もちろん行き先は、クリスマスマーケット。
息子をメリーゴーランドに乗せつつ、わたしは今年何度目かのホットワインをゆっくり飲んだ。
何だか切ないような、哀しいような味がした。

ドイツの冬の朝の寒さは、わたしに否応なく、この国に来て最初の三ヶ月間のことを思い起こさせる。
孤独というものを最初に知ったのは、間違いなくあのときだ。
知る者は誰もいない。言葉は分からない。土地勘はない。日本への連絡手段は手紙だけ。
自分を追い込むため、望んでそういう環境に身を置いたとはいえ、
当時のわたしは、ドイツの冬空よりも暗かったと思う。
心配したホストマザーが度々外に連れ出してくれていなかったら、
今頃わたしはこうして生きていなかったかもしれない、とまで思う。
あれから丸9年が経とうとしている。
状況はまるで変わった。友人は増え、家族も出来た。多少のドイツ語は覚えた。
今ではどこへだって一人で行ける自信がある。日本へはメールだって電話だってしたい放題だ。
居心地が悪いはずがない。寧ろ、元居た場所に戻るのが怖い。本当に怖い。

どこだって住めば都となるのだ、と頭では分かっていながら、今ここを離れるのは辛い。
どうしようもなく。来年はどこで、どんな思いで、クリスマスを迎えているのだろうか。

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。