スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メスキータ

mes1

ホテルから中心街に向かい、駐車場を探そうとウロウロしていた時点で、
コルドバもセヴィーリャ同様、わたしが想像していたより遙かに大きな街だ、
ということはもうはっきりしていた。
これはとても名所全部は見切れないな、と、狙いをメスキータにだけ定め、向かう。

正直、日本語で大聖堂だとかカテドラルだとか呼ばれる場所には、少々飽きてきていた。
その中でも特に気に入っている建物はあるにはあるが、皆多かれ少なかれ、大体同じだ。
だからこそ、今回このモスクを訪れることを、わたしはとても楽しみにしていた。
なぜなら、ここはモスクでありながら、中にカテドラルも存在するらしい、と聞いていたからだ。
イスラム教とキリスト教が同じ建物内に同居しているなんて、
一体どんな造りになっているのだろうと、それだけでワクワクしてくる。

内部に入ってすぐに目にしたのは、有名な赤と白のアーチだった。
礼拝中なのか、仄暗い中歌も響いてきて、雰囲気は十分、なはずなのだが、
わたしには、実物よりこれまで見てきた写真の方が、ずっと魅力的に思えてならなかった。

それは一体何故なのだろうかと思いながら、写真を撮りつつぐるぐる歩いていた。

mes3

気づいたのは、この十字架を見たときだった。
モスク内部に、突如として現れる、このカテドラルだ、と。
何とな感じていた違和感は、やはりこれだったのだ。

mes4

写真というものは、その風景の一部分だけ切り取るものだ。
だから、それを個別に見ても、別に何もおかしいと思わない。
写真を見ただけ、と、実際現地で見るのには、驚くほど差があるものだ。
その場に居合わせないと分からない雰囲気、というものは、確かに存在する。
だからこそ、人は旅をするのだろう、と思う。
その雰囲気を、自分の目で、耳で、肌で、感じるために。

mes2

そういう意味では、今回この風変わりな建物を訪れることができて、よかったと思う。
来なければそもそも、その奇妙さに気づくこともなかっただろうから。
こんな場所、きっと他にはそうそうない。

mes5

天井がところどころ木なのも、何だか新鮮に思える。

mes6

これだけ見たら、まさかイスラム教の建物だなんて、思わないだろう。
でも、なんだかかわいい。

mes6

随分と広い内部を一通り見学し終わった頃には、何だか妙に疲労していた。
この不思議な空間にしてやられたのかもしれない、
そう思うと可笑しくて、一人笑いがこみ上げてくるようだった。
ああ愉快。これだから旅はやめられないのだ。

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。