スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容はGalerie管理者トモコにだけ閲覧出来ます

天使の詩

何故私は君でなくて、君は私でないのか。子供の頃、そう思った経験のある人は、おそらく少なくないに違いない。きっと皆、そんなことを疑問に持ったことすら忘れているだけで。

Wim Wendersの1987年の作品、「ベルリン・天使の詩」を観る。何年か前、ベルリンを訪れてからずっと、観よう観ようと思いつつ、つい先日まで忘れていた。最近Bruno Ganz主演の映画を目にし、そういえば…と思い出したのだ。埃にまみれたビデオテープ(ずっと以前にテレビ放映されたものの録画)をやっとこさ救出し、ようやく天使の詩に耳を傾けることができたのだった。

正直言って、万人受けする映画ではないと思う。天使が人間に恋をして、人間になる。言ってみれば、それだけのストーリー。何かドキドキするような大事件が起こるわけでもなく、ただ淡々とものがたりが進んでいくだけ。でもそれがいいのだ。

物語の比較的初めの方で、二人の天使がオープンカーの中で、互いに情報交換するシーンがある。天使の一人であるBruno Ganzは言う。時々霊でいることにうんざりすることがある、と。そして、新聞を読んで指先が黒く汚れたり、靴を脱いでつま先を伸ばし、裸足の感触を味わったりできれば、どんなにか気持ちのいいことだろうな、と続ける。淡々とした彼の語りが、何故だか心の隅々まで染み渡って、なんてことはない場面なのに、思わず涙がこぼれそうになった。当たり前だと思っていたことが、実はどんなに幸福なことだったかを気づかせてくれる、静かで優しい、とてもいいシーンだと思う。

全体を通して、詩のような映画。そういう意味ではなかなか良い邦題なのではないだろうか。Als das Kind Kind war,…(子供が子供であったとき、…)から始まる文章が、映画のあちこちに散りばめられているが、これはおそらく誰かの詩の引用なのだろう。冒頭の子供の頃に感じた素朴な疑問も、その詩の一部。そうそう、確かにあの頃そう思ったよね、そう頷きながら、耳に心地よい朗読にしばし酔う。

日々の生活に飽き飽きしている人、刺激のない毎日に嫌気が差している人、そんな人に是非観て欲しい。つまらないと思っていた日常が、きっと愛おしく思えてくるから。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容はGalerie管理者トモコにだけ閲覧出来ます

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。