スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊びの練習

spielplatz

昨日は雨で、外に遊びに行けなかったせいであろう、
ここのところいつも朝寝坊気味だった息子が、今朝は六時前に起きてきて、
おはようの挨拶もなし(まあこれは普段もないのだけれど)に「お外!お外!お散歩!」と叫んだ。
仕方ないので眠い目をこすりつつ、七時過ぎには公園にいた我々親子。
犬を散歩させたりジョギングをしている人はいたけれど、
遊具で遊んでいるのは当然、わたしたちぐらいのものであった。
そして、この日は結局、朝、昼、夕方と、三回も公園に付き合わされた。
一歳児の体力、おそるべし、である。

子供の頃、何故だかまったく子供らしい遊びをしてこなかったわたしにとって、
外遊びが大好きな息子に付き合うのは、正直、なかなか辛い。
何をどうやって遊んでいいのか、分からないのだ。
しかし幸いにも、息子は教えなくとも遊び方を知っているようで、
次はこれ、その次はあれ、とわたしの手を引いては「遊ぼう」と誘う。
こんな場面ですら、わたしは子供に教えられているようだ。

写真は、息子の好きな遊具の一つ。
一番好きなのはおそらくブランコ。その次は滑り台か、シーソー。
アスレチックジムの梯子も悠々と登るし、高いところでの綱渡りも平気。
生まれてからまだ二年も経っていないのに、とつい感心してしまう。
男の子ってそんなものなのだろうか。

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。