スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝く岩肌、きらめく水草

fdv3

フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズで特筆すべきは、まずこの白い岩肌だろうか。
目の前に迫ってくるようなその様子は、どこまでも続く平地を多く見てきたこの旅行の中では、
随分特異なものとして、わたしの目には映った。
所々、丸い洞穴のような大きな凹みがあったりして、一体どうやって開いたのだろうかと、
あれやこれやと想像するだけでも楽しい。


fdv4

もう一つ、忘れてならないのが、この村を流れる水の美しさ。
普通なら、覗き込むのも憚られるほど、ゴミなどで汚れていそうな橋の袂も、ほら、ご覧のとおり。
川の中で、こんなに清らかな流れに水草が揺れているのを見たのは、これが初めてのことだった。
この小さな奥の村に、毎年100万人もの観光客が訪れるというのも頷ける。

心が洗われるような思いで、もう一度ぐるりと辺りを見渡して、それから車に戻った。
この旅の最後に、ここに訪れることが出来て、本当によかったと思いながら。



これにてプロヴァンス旅行記、終了。
長らくお付き合いありがとうございました。

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。