◆Date 「2006年11月」 の記事一覧 

ALL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お日様の下のショーウインドー

056.jpg

最初はきっと、落し物だったのだろう。
それを誰かが拾い上げて、よく見えるところに置いた、それだけのこと。
道端に転がっているのは忍びないと思ったのか、探しに来た人が見つけやすいようにとの配慮だったのか。
とにかくも、私にはそれが、捨てられたのでも落とされたものでもなく、
そこに初めから飾られてあったもののように見えた。

11月、秋晴れの空

055.jpg

毎年のように書いていることだが、ドイツの11月は私にとって一年で最も憂鬱な一月である。
寒さは日毎に増し、太陽を拝める日は少なく、出掛ける気すら起こらない。
これが12月になれば、クリスマスマーケットのおかげで街がぐっと華やぐのだから、
ほんの少しの辛抱、と耐えるのが常だったが、今年はちょっと違った。
先週など、なんとあろうことか20度を越えるような好天に恵まれて、
思わず11月であることを忘れてしまうほどだった。ついでにここがドイツであることも。
日本の、気持ちのいい秋晴れの空を思い出して、少しだけきゅんとなった。

乳母車(そう、「ベビーカー」というより「乳母車」と言う方がしっくりくる、古いもの)を押しながら、
街路樹の下を歩く。すっかり黄して落ちたっぱを踏みしめつつ。
一歩進むごとに、かさ、かさ、と気持ちのいい音がする、黄色いその絨毯は、
低い位置にある陽の光を浴びて黄金色に輝いている。
ああ、秋はこんなに眩しいものだったのか、初めてそう思った。

ここはどこ?

054.jpg

新しい家のバスルームから、ある日ふと窓の外に目をやって驚いた。
色とりどりの洗濯物が風に揺られているのだ。
ドイツは景観上の理由から、外に洗濯物を干すことは禁じられている。
おそらくここは中庭だから許されてるのだろうが、今まで目にしたことのなかった光景に、
ここはイタリアかスペインかそれとも南仏か、と不思議な気持ちになった。

休みの日になると更に量の増す洗濯物。
あれ、日曜日は洗濯機、回しちゃいけないんじゃなかったっけ?
ますますドイツっぽくないなあ、と何だか愉快な気分に。
残念なのは、うちのアパートからは洗濯紐が伸びていないこと。
滑車でくるくる、洗濯物を干したり取り込んだり。
家の中で乾燥機を回すより、よっぽど味があるではないか。
うーん、私も仲間に入れてもらえないかしら。

新たなスタート

053.jpg

「はじめまして」はどんな場合であれ、いつもドキドキする。
期待と不安と。いろんな思いを抱えつつ、新しい環境に「こんにちは」。

これからはここが私の都となる。
新生活は始まったばかり。

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。