スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界旅行をした銅像の話

026.jpg

「彼」がマルクト広場から消えた、いや正確に言うと盗まれたというニュースを聞いたのは、
確かクリスマス前のことであった。
何気なくつけていたテレビの音声を聞いていただけで、詳しいことは分からなかったが、
どうやらある日「彼」は突然連れ去られ、ある朝パン屋の店先に再び忽然と現れたということらしい。
しかも、世界に名立たる観光地をバックに写した、記念アルバムと共に。

そのフォトアルバムの写真も何枚か見たが、おそらくは合成なのだろう。
150kgもあるという「彼」を連れて、世界を旅するはずもないのだから。
しかし一体何故こんなことを?

クリスマス前のことをようやく今になって書いたのには理由がある。
このニュースを聞いて私が咄嗟に思ったのは、
「確かこれに似たような話があったよなあ」ということだった。
だがそれが何であったか、ちっとも思い出せないのだ。
映画だったか、はたまたドイツのテレビドラマだったか…。
それが、一ヵ月後になってようやく、ふとしたことで思い出した。そうだ、「アメリ」だった、と。

誰が一体何の為にこんなイタズラをしたのだろう。
まさか「アメリ」みたく、"誰かを幸せにしたい"と思ってやったとは思えない。
たとえそうだとしても許されるはずもないこと。
犯人は捕まったかどうか、その後のことは知らないけれど、さぞかし「彼」も迷惑だったことだろう。
今頃、やれやれ無事に帰ってこれたわい、とほっと胸を撫で下ろしているかもしれない。

写真は盗まれる前の「彼」(多分これだと思うのだけど)。
ちなみに写真左下の方は、当件と何の関係もありません。

放課後の校庭

025.jpg

昨年卒業したドイツの大学の恩師は、時々自分の手帳を見せて、
「どう、これちょっといいだろう」とニヤリと笑う。
見れば、味もそっけもない黒い大きな手帳の表紙に、白い紙切れがテープで貼り付けてある。
紙切れには色とりどりの色鉛筆で描かれた、どう見ても殴り書きとしか見えない絵。
おそらくは、先生似のハンサムな二人の息子のどちらかが描いたものなのだろう、
お世辞にもお上手ですねなどとは言えないその落書きを、彼は愛おしそうにそっと撫でた。

子供の絵は確かに和む。どんなに下手でも、心打たれることもあるし、
時には大胆な線や色使いにハッとさせられることもある。
それがたとえ、何を描こうとしたのかさえ分からなかったとしても。

そんな絵を部屋に飾れば、少しは味気ない我が家も愛に溢れた空間になるかしら、
と思ってはみるものの、生憎我が家にはまだ愛らしい画伯は不在である。
そんなわけで白い壁を彩るのは、大人の手によって描かれたものになるのだが、
ここ一年ほど気に入っているのが、ハンガリーのイラストレーター、Reich Karolyの作品だ。
クレヨンでががっと塗りつぶしたような絵は、まさに子供の絵を思わせるけれど、
本当のところは、大人だからこそ描けるかなり上等の子供チックな絵、というところだろうか。


こんな好みのせいか、最近は専ら街でこういう絵が目について仕方がない。
写真は小学校の校庭。これは大人の絵、それとも子供の絵?

夜明けか夜更け前か

024.jpg

すっかり夜更かしした翌日、目が覚めると一瞬、しまったと思った。
ひょっとして夕方まで寝入ってしまったのでは、と思ったからだ。
それは、部屋に差し込んでいた陽の光がほんのりオレンジ色で、
まるで夕日のようだと感じたからかもしれない。
そうちょうど、こんな色だった、と選んだ写真を見て呟く。
ただ、写真よりもう少し光が柔らかく感じられたことと、
その後沈むはずだった太陽は、それからまもなく昇っていったのだから、
結局すぐにまだ朝だ、と安心することができたのだけれど。


11月に撮ったものからいくつか、などと言いつつ一枚しか紹介しないうちに、
あけまして…などと挨拶するにはとっくに時期を逃してしまい、
既にあろうことか、寒中見舞いの筆を取る季節となってしまった。
寒い寒いと震えるのは相変わらずだが、12月にはよく降った雪も、
ここのところすっかり姿を見せず、晴れ間の広がる日が増えている。

前年末と気温はさほど変わらなくても、
カレンダーの2005という文字が一つ増えて2006になった事実と、
光が増えたという現象だけで、なんだか気分が高揚するのだから、
私も我ながら全く単純な人間だと思う。

重いコートを引き摺っての外出は、確かにまだまだ辛い時もあるけれど、
ドイツで過ごす最後の冬となるかもしれない今シーズン、
たっぷりドイツの冬を味わうべく、カメラ片手に出かけたいものだ。
この寒さと暗さを忘れないように。

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。