◆Date 「2005年08月」 の記事一覧 

ALL

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに・・・

005.jpg

騙し騙し使っていたデジカメがついに壊れてしまった。
折角観光地と呼ばれる所にしばらく滞在していたというのに、
これでは旅の楽しみも半減というもの。
幸か不幸か、本業の方が忙しかったことと、天気が悪い日が多かったせいで、
どちらにしろ、カメラ片手にのんびりする時間はなかったのだが、
それでも、紹介できる写真がほとんどないというのは、やはり残念である。

というわけで、当分の間お休みすることになりそうです。
復活の日までしばしお待ちを・・・

夏と浴衣と打ち上げ花火と

004.jpg

白地に青の、この花を見ていると、ふと心のどこかの一部分だけ、
ひょいと昔にタイムスリップしたような、不思議な気分になった。
この感じは一体何だっただろう、と考えに考えたのだが、その時は思い出せずにいた。
それが今、ひょんなきっかけで心に浮かんだ。
浴衣だ。夏のうんと暑い日に着る、浴衣のイメージ。

最後に浴衣を着たのは、確か7-8年ほど前のこと。
何人かの友人たちと、慣れない着付けを気にしながら花火大会に行ったのを、
まるでつい一年前のことのような鮮明さで覚えている。
余りの人の多さに橋の上で身動きが取れなくなったことも、
やっとの思いで買ったビールの喉を通る時の冷たさも、そして花火の美しさも。
あの時の仲間は今でもとてもとても大切な存在で、きっとそれはこれからも変わらない。

その時の浴衣と、花からの連想で脳裏に浮かんだものとは似ても似つかない上に、
未だ肌寒い日の多いここドイツでは、日本の夏の空気を想像することすら難しいというのに、
あの蒸し暑い日本の夏がどうしようもなく恋しくて、
そんな日に涼しげな浴衣を着て、下駄をカタカタ鳴らしながら、
大きな花火のあがるのを眺めつつ、またあの橋を渡りたい、と無性に思う。

記念日に

003.jpg

花束を。

More »

柵の内側

002.jpg

決して入り込んではならない場所があることを、
人は誰しも幼い頃から、少しずつ学んで来た筈なのに、
それでも時々、つい踏み込みすぎてしまうことがある。

興味あるものに近づきたくなる、それは本能。
それでも、侵してはならない領域があるのが、大人の世界。
何も考えず、ただただ前に突き進むことの許された、
そんな遠い日の我が身を羨んでも、何も始まらないのだけれど。


偶然街でバッタリ会った、元クラスメートたちとカフェへ。
特に頻繁に連絡しあうわけでも、さほど深い話が出来る仲でもないけれど、
久々に交わした言葉の節々から伝わってくる、温かい思いやりの気持ちだとか、
「キミを認めているよ」のサインは、私にこの上ない安心感を与える。

なんて気持ちの良い距離感なのだろう、と思う。
柵の内側に入り込まなくても済むヒントが、ここにある気がした。

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。