スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さもまた嬉し

0070.jpg

空の色も変わり始める夕暮れ時。
昼間あれだけぽかぽかしていた陽気が、まるで存在しなかったかのように、
周りの温度は急激に下がり、空気はキリリとしてくる。
思わずコートの襟を立てながら、それでも「これでこそ二月!」などと思う。
寒いときには寒さを、暑いときには暑さを感じられることが、
異なった四つの季節を味わう醍醐味というもの。

そうは言っても、やはり寒さには勝てなくて、
かじかむ手をさすりながら、丘の上の最後の一枚を撮って、
後ろ髪を引かれつつ、市街地へと向かったのだった。

贅沢な場所

0069.jpg

二つの川が分かれて流れていく、そんな様子が良く見える丘に、そのベンチはある。
贅沢だとは思いませんか、こんなところに一人座って読書に勤しむなんて!

天気のいい日は鞄に本だけ詰め込んで。
おじさん、次は私にその場所、譲ってくださる?

数十歩先、数十年先

0068.jpg

その時、我々の数十歩先を歩いていたのは、仲の良さそうなご夫婦だった。
ご主人が手に提げていた、スーパーの白いビニール袋は、生活感に溢れていて、なんだかイイ。
こんな散歩コースには、きっとヴィトンのバックは似合わないね。

数十年経った時、私はどちらを提げているだろう。おそらく・・・

振り返ると

0067.jpg

シタデルに向かう坂を上る。
ふと振り返ったとき、目の前に広がっていたのは、
侵略だとか占領だとか、そんなイメージとは程遠い風景だった。

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。