スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他生の縁だからこそ

037.jpg

ヨーロッパにいると、何故かよく道を聞かれる。
住み慣れた街で聞かれるならまだしも、初めての訪問先でも尋ねられることは少なくない。
どこからどう見てもアジア人の私より、すぐ側の明らかにヨーロッパの人間と思われる人の方が、
ずっとご自分の望み通りの答えが返ってくるでしょうに、と思ってしまうからだろうか、
笑顔で返せばよいのに、ついつい「残念ながら分かりません」と引きつった顔で答えてしまう。

旅の醍醐味って何だろう、と時々思う。
現実からの逃避?新しいモノとの出会い?それとも…?
その旅を振り返った時、ああ行ってよかったなと思えるのは、どういう時だったろう。
綺麗な景色、美味しい食事、素晴らしいサービス、そういうものに出会えた時はもちろんのこと、
訪れた地そのものの印象、それに何より、それを形成する人々との触れ合いがきっと重要なのだ、と思う。
ホテルやレストランの従業員、お店の販売員、バスや電車で乗り合わせた人、
街でたまたますれ違いざまぶつかってしまった人――――たとえそれらがただの旅行者であったとしても、
その地の構成員である彼らから受けた印象が、そのままその地の印象に繋がることは多い。
何か嫌なことがあっても、その後に誰かに温かい対応をしてもらえたら、
それだけでその街が好きになってしまう、なんてよくあることだ。

だから思うのだ。この人の、この街に対する印象は、私の言動ひとつで決まるかもしれない、と。
近所であろうと旅先であろうと、袖触れ合った人たちにはそんなちょっとした責任がある、
そう少しは自覚しなくては、と自分が旅に出る立場になると、いつも反省する。
とはいえ、なかなか実行できないのだけれど。


アムステルダム最終日。
帰りの電車に乗る前に寄った先は、シンゲルの花市。
大量にチューリップの球根を買い求めたはいいが、保存に失敗してほとんどを腐らせてしまった。
それだけが、この旅のちょっと苦い思い出、かも。

クタクタ・・・

036.jpg

前の旅行の報告が終わらないうちに、いつの間にか次の旅行が始まってしまっていた。
嬉しいやら情けないやら…。

次回アムステルダム旅行記、(ようやく)最終回。
次々回からはバルセロナ旅行記をお届けします。

MAGERE BRUGにて

035.jpg

風車の村から、再びアムステルダム市内へ。
夕方、雪がちらつきそうな空模様を気にしつつ、マヘルの跳ね橋へ。
どこへ行っても街の落書きが気になってしまう私は、
橋よりもついついこんなものに吸い寄せられてしまう。
微妙にかわいいと思う…なんてつぶやいたら、やっぱり怒られるだろうか。

More »

思いがけない味

033.jpg

昼食をこの村で、と思っていたのだが、カフェもレストランも見当たらない。
そうだ、チーズ工房に行けば何かしらあるかもしれない、そう思いついて工房の中に入ると案の定、
観光客と思しき人々が口をモゴモゴさせながら、
チーズを作る工程についての説明を受けているところだった。

More »

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。