スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惹かれる理由

0025.jpg

ああ、ようやく旅行三日目。

フュッセンのホテルでたっぷり朝食を取った後、車でシュヴァンガウへ向かった。
目的はもちろん、ここの、というよりも、ドイツの観光大目玉である、あの有名なお城である。
ノイシュヴァンシュタイン城。母は最後まで、この城の名前を正確に言えなかったけれど。

広い駐車場は既に車でいっぱいで、人気の高さが伺える。
車を停めてしばし歩くと、これまたどこも観光客で溢れかえっている。
この旅初めて日本人にも遭遇。しかも大勢。さすがだ。
ドイツにはここの他にもいい所はたくさんあるんですよ、と声を大にして言いたくなったが、
ミニバスに乗って、マリエン橋に着いたとき、なるほどと思った。
そこから見た城は、それはそれは美しかったのだから。それこそ、息を呑むほど。
何故ここにこんなにも多くの人が集まるのか、ようやく分かった気がした。
観光地には、観光地になるだけの理由がある、ということか。

More »

新たなスタート

053.jpg

「はじめまして」はどんな場合であれ、いつもドキドキする。
期待と不安と。いろんな思いを抱えつつ、新しい環境に「こんにちは」。

これからはここが私の都となる。
新生活は始まったばかり。

感じる気配

009.jpg

やっとの思いで辿り着いたのがここ、ヴェーヴ城。
5本の尖塔が何ともかわいらしいお城である。

内部はそれほど煌びやかではないけれど、きちんと手入れが行き届いており、
こじんまりとした様子は大変感じが良い。
実は今もここは誰々さんが住んでいるのですよ、と言われても納得してしまうぐらい、
そこは普通の暮らしが透けて見えるようだった。
ここのご主人は今ちょうど席を外しただけ、そんな気さえしてくる。



More »

季節違えば

0047.jpg

王宮の辺りには、様々な美術館・博物館が隣接している。
その一つ、Ludwig美術館にだけは是非とも行きたかったのだが、
生憎時間の関係で中に入ることはできなかった。
せめて、とばかり外観だけ写真に撮る。
11月だというのに、色とりどりの花がまだ残っている。
暖かな花木の美しい時期なら、もっとこの街も華やかに感じられたのでは、と思った瞬間。
そうすると、私のこの街に対する印象も、随分違ったに違いない。

Appendix

カテゴリー

月別アーカイヴ

09月  07月  04月  03月  05月  04月  03月  02月  01月  03月  12月  10月  07月  06月  05月  04月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  05月  04月  12月  11月  10月  07月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  06月  05月  04月  03月  02月  01月  12月  11月  10月  09月  08月  07月  06月  03月  01月  12月  10月  07月  02月  07月 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。